ツノダビニール ロゴ    
〒860-0025 熊本県熊本市紺屋町1丁目1-2
有限会社ツノダビニール工業
tel. 096-355-0221  fax. 096-355-0222

■■■ 東京・大阪・全国に発送 ■■■
現在ご覧のページ:
TOP > 製品情報 > ビニールカーテン>カーテンレール>D30接続方法
製品情報
製品情報

カーテンレールD30の接続方法について、画像を交えて説明致します。

ご希望のカーテンレールの長さが、4mを越える場合は、下記の方法で接続する必要があります。

※撮影の都合上、説明画像は床面での作業になっていますが、実際には天井面での作業となります。


@接続に必要な部品
D30接続部品外観   カーテンレールD30を接続するためには、接続部1ヶ所に付き「D30継カバー」1個、「D30ジョイント」2本が必要になります。
     
D30ジョイント  

D30ジョイントは、中央部から少しずれた位置に、少し潰した様な痕があります。

この「カシメ部分」から、ジョイントの端までが、短い方を
レール断面の丸穴に差込みます。


※カシメ部分の拡大写真はコチラから

     
AD30ジョイントをレール断面に差し込む    
ジョイントを入れた写真  

先程のD30ジョイントの「短い方」をレール断面の丸穴部分に2本差し込みます。

「カシメ部分」が完全に見えなくなるまで入れます。
ハンマー等で軽く叩き込みます。

     
Bレールの接続    
レールの接続状況   D30ジョイントを2本差し込んだら、次にD30継カバーをカーテンレールに通しておきます。

繋ぎ合わせるカーテンレールにD30ジョイント 2本を通しながら、カーテンレール同士の断面を合わせます。
     
CD30継カバーの固定    
D30継カバーの取り付け   先に通しておいたD30継カバーをカーテンレールの繋ぎ合わせ位置に移動させ、継ぎ目がD30継カバーの中央になるようにします。

D30継カバー側面のネジ4本を締め込み、カーテンレールと継カバーを固定します。
     
D完成    
D30接続完了の写真   これで、接続作業は完了です。


>カーテンレールのページへ戻る
>一般透明ビニールカーテンカーテンのページへ
>糸入りビニールカーテンのページへ
>帯電防止ビニールカーテンのページへ
>TOPへ戻る
 
copyright(c)2010 Tsunoda Vinyl Co.,LTD. All rights reserved.